女性の妊娠と骨盤の関係

骨盤は、お尻の中心にある仙骨とその先にある尾骨、そして左右一対の寛骨で形成されています。 そして、腹直筋・腹斜筋・腹横筋の3つの筋肉で守られ、周囲の筋肉や骨と連動して私達の身体を支えています。

そんな骨盤は、女性と男性で形が異なります。 女性の骨盤は、妊娠や出産の際に大切な役割を果たすために、男性の骨盤よりも横幅が広くなっているのです。 また、女性は妊娠直後、胎盤の元となる組織から靭帯を緩ませるリラキシンというホルモンが分泌され、出産にむけて骨盤が広くなります。 骨盤が広くなることで、スムーズに出産することができるのです。 出産後、広がった骨盤は本来であれば自然に戻るのですが、足腰や骨盤周りの筋肉が弱いために、骨盤が元に戻らず緩んだままの状態になる方もいらっしゃいます。

骨盤が緩んだ状態が続くと、身体にさまざまな影響を及ぼす可能性があるのです。 主な影響として、下記のものが挙げられます。

≫ 筋力の低下

骨盤が緩むことによって腰の筋力が低下するので、赤ちゃんを抱きかかえたり、おんぶをする際に腰に負担が掛かります。 その他にも、筋力の低下によって起こる症状は、腰痛や尿漏れ、生理痛、便秘、冷え性など数多くあります。

≫ 妊娠前の体型に戻りにくい

骨盤が緩んだままの状態だと、骨盤の周囲にあるウエストやヒップに脂肪がつきやすくなります。 産後太りをすると、妊娠前の体型に戻るのに時間がかかってしまいます。

≫ 足全体への歪み

人間の身体はつながっているので、骨盤が緩むと足全体に歪みが生じます。 すると、X脚やO脚になってしまったり、場合によっては慢性的な膝痛を引き起こすなどのさまざまな症状が現れます。
さらに、産後は赤ちゃんを長時間抱くことになります。 また、産後太りで増えた体重を支えなければいけないので、足に負担が掛かってしまいます。


このような影響に悩んでいるという方は、当院の産後骨盤矯正へお越しください。 緩んでしまった、歪んでしまった骨盤を矯正し、サポートいたします。 また、産後太りのダイエットや、美容目的での骨盤矯正、整体による姿勢矯正もお受けいたしております。 施術後のアフターフォローもございますので、お気軽にお越しください。

当院のことについては、エキテンの口コミでもご確認いただけます。 神奈川の厚木、町田、海老名周辺でお悩みなら、ぜひご覧ください。


お問合せ・ご予約

お問い合わせ・ご予約はこちら。海老名整体院。スパースリムダイエット海老名。住所:神奈川県海老名市中央1-19-11アイネピアノビル2階。電話:046-240-1666

※現在予約多数のためご新規様は1日2名様限定とさせて頂きます。

TOPへ戻る